2019クリスマス


今年は12月22日(日)クリスマス礼拝そして礼拝後に祝会でクリスマスをお祝いしました。4本のキャンドルに火が灯り、毎年のことではありますがやはり私たちにとってクリスマスは特別の思いがあります。

祝会では、ランチボックスやお菓子を前にして和やかな雰囲気の中で、聖歌隊のアヴェ・マリアや教会員有志によるヴァイオリン、コカリナ、ハーモニやギターの演奏、教会学校の子どもたちを中心にページェントなど盛りだくさんのだしものに続いて、サンタクロースも登場しておとなもこどもも大喜びのひとときでした。

24日(火)会堂前のイルミネーションが出席者を招き入れてくれ、教会堂の照明も消え、教会学校の子どもたちが火を灯してくれたキャンドルでイヴの礼拝が始まりました。地元の生活情報誌に案内が掲載されたこともあって例年になく多くの市民の方も出席され、牧師より「見上げてごらん、夜の星を」のメッセージをともに聴きました。礼拝後のミニコンサートでは「見上げてごらん夜の星を」などを伸びやかな歌声で聴かせていただき夜空いっぱいに星がまたたく光景を想像しながらクリスマスイヴのときを過ごすことができました。



35回の閲覧

© OMI HACHIMAN CHURCH. All rights reserved. W.M.ヴォーリズが愛した教会