受難週に観たい映画


受難週に入りました。

この時期に観たい映画を紹介します。

2004年 アメリカ映画

「パッション」

監督 メル・ギブソン

出演 ジム・カヴィーゼル モニカ・ベルッチ

この映画はイエスがゲッセマネで捕らえられ、裁かれ、十字架に架けられ、

復活の朝を迎えるまでを、ほぼ忠実に、聖書に従って描かれています。

アカデミー賞俳優であり、敬虔なカトリックでもあるメル・ギブソン監督が

長い年月と私財を投じて造り上げた作品です。

妥協を許さず完璧さを求めて、当時イエスが実際に話していたと思われる

アラム語を使うなど、英語のせりふが無いというアメリカ映画としては異色作です。

イエスの鞭打たれる場面、十字架を担がされて処刑場へ向かう場面、

十字架に架けられる場面、本当に見ているのがつらくなるほどですが、

もし私たちがその場に居合わせていたら、きっとこのような光景を

目にしたのではないでしょうか。そして私たちはそのイエスを見て

何を思い、どう行動したでしょうか。

愛、希望、赦しというメッセージは

今の私たちにも繋がっています。

ぜひ観ておきたい一作です。

ミッチ


0回の閲覧

© OMI HACHIMAN CHURCH. All rights reserved. W.M.ヴォーリズが愛した教会