4月20日(日) イースター礼拝です


4月16日(水)  午後7時30分から 牧師館食堂

受難節祈祷会 「洗足」 奨励 深見祥弘牧師

4月20日(日)  午前10時15分から  礼拝堂

イースター礼拝 「置かれた場所で咲きなさい」 北川博司副牧師

今週、4月13日は棕櫚の主日礼拝がもたれました。

「棕櫚の主日」とは主イエス・キリストがエルサレムに入城された際

主イエスの伝道や奇跡の業をうわさで聞いていた民衆は

棕櫚(ナツメヤシ)の枝を振り『ホサナ・ホサナ』と歓呼の声で迎えました。

それから一週間で主イエスはどうなられたのでしょうか。

福音書では、時系列を追ってその出来事を記しています。

クリスマスについては、皆さんもよくご存じだと思います。

キリスト教会では主イエスキリストの誕生(受肉)・十字架(受難)・甦り(復活)

は神様の一連のご計画の中にあると思います。

すべては、神のみ旨から離れた私たちの罪、その贖いのためにあります。

中々自分が罪人であるとは理解できるものではないのですが、

真にその理解ができた時、主の十字架の意味と愛の深さを実感できるのではないでしょうか。

どうぞ皆様、主のあふれる愛を感じにいらしてください。

ニッシー


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示