4月29日第111回近江八幡教会定期総会



4月29日(日)第111回定期総会

 礼拝後、総会が開催され49名の教会員が出席し、一年の活動を総括し、2018年度の新たな歩みに踏み出すことを確認しました。

 今年の標語は「弱さを分かち合うー信仰の継承と宣教」です。日本社会と同様、私たちの教会も高齢化がすすみ、いままでのように教会での働きができなくなったことを嘆いてしまいがちです。コリントの信徒への手紙第二 12章9節「すると主は『私の恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ』と言われました。」・・・この聖句に励まされ、私たちは弱さを分かち合い、教会のさまざまな課題にとりくんでいきたいとの思いを強くしました。また、今年の年間讃美歌536番「み恵みを受けた今は」の歌詞にあるように「み恵みに生かされて、喜んで、まごころを込めて」働きをしていきたいと思います。


32回の閲覧

© OMI HACHIMAN CHURCH. All rights reserved. W.M.ヴォーリズが愛した教会