top of page

4月23日(日)「第116回定期総会」



4月23日(日)「第116回定期総会」

この日の主日礼拝の後、47名が出席して定期総会が開催されました。

コロナの感染を考慮して報告などは一括で質疑応答の時間をもち短時間で進行しました。2022年度の活動総括、会計決算報告は全員に信任されました。


コロナ禍以後の社会生活が見通せるようになってきた昨今です。

「2021の会」で話しあってきた今後の教会生活における礼拝や教会行事のありかた、教会委員会組織の見直しと再編成やこれからの教会学校などの事柄について教会員の意見をお互いに聞きながら少しずつ具体化していくことをみんなで確認しました。


2023年度 ◆年間標語「安らぎの教会―たゆまず祈る」

       ◆年間聖句「希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。喜ぶ人とともに喜び、泣く人とともに泣きなさい。」ローマの信徒への手紙12章12・15節

       ◆年間讃美歌 540番「主イエスにより」

以上の2023年度宣教牧会方針及び行事計画なども全員一致で採決されまし

た。主がともにいてくださることを信じ、いかなるときも希望をもって喜び、

苦難に耐え、たゆまず祈り続けます。また私たちは、兄弟姉妹、そして世界の

人々に心を向け主の平安と平和を祈り仕えるものとして歩んでいきたいと思い

ます。


閲覧数:13回0件のコメント

Comments


bottom of page