シオン会2月例会


2月19日(水)午前10時より「シオン会」の2月定例会が開催されました。

深見牧師始め19名の会員が出席しました。

今年度「この家を信仰の香りで満たそう」(ヨハネによる福音書12章1~3節)の

標語を掲げて活動してきたシオン会の例会も最後になりました。

一年間、深見牧師より学んできた「エステル記」のおさらいをしました。

聖書を読むにあたって、どういう時代にどんな状況で書かれたかを理解することが大切で、

エステル記は紀元前500年のできごとですが、現代にまで語り継がれる教えがその中にあるのです。

当時、ユダヤ人が民族絶滅の危機にあったとき、身を捨てて王に直訴した王妃エステルと、

エステルとともにユダヤ人を救ったモルデカイを称え「エステル記」を朗読し、

貧しい人々に施しをし、宴会を開き、贈り物を交換するという聖日が「プリム」という名で、

いまも行われているのです。

「エステル記」は、ホロコースト以後のユダヤ人にとっても昔話で済まされない書で、

湾岸戦争停戦日がまさに1992年のプリムの祭りの日だったのです。

いつの時代であっても、神は救いと解放を与えてくださることを、遠く紀元前500年のエステルの面影を追いながら学びを終えた「シオン会」のエステルたちでした。

  教会員 N.A


0回の閲覧

© OMI HACHIMAN CHURCH. All rights reserved. W.M.ヴォーリズが愛した教会